3月20日春の一斉開帳!『相良三十三観音めぐり』の魅力と参拝マナー

こんにちは、事務局豊永です!今回は、お彼岸に開帳される『相良三十三観音めぐり』の魅力と参拝マナーについてご紹介していきます♪三十三観音めぐりをされたことがない方、そうでない方も必見です!

相良三十三観音

■人吉球磨の相良三十三観音【歴史と魅力】※相良三十三観音御宝印帳より抜粋

人吉・球磨地域には至る所に小さなお堂が残っています。中には、大きなお堂もありますが、ほとんどが一坪から二坪前後のこじんまりとしたささやかな阿弥陀堂、薬師堂、観音堂などの小堂です。※明治八年(1875)の調査では541箇所。道の脇や田んぼの中、あるいは林の中にひっそりと建っているのが特徴的。狭い人吉・球磨盆地にこれほど多くの仏が祀られ、周辺の住民によって大切に守られていることは、全国的にも例を見ない濃密な仏の里なのです。

寺院が一般庶民の信仰の場となる以前の、中世来の仏教信仰の形を今に伝えている姿と見ることができます。

また、この観音菩薩は救いを求める人々の願いに変幻自在に姿を変えて現れ、現世利益をもたらすと信じられた慈悲の仏で、母親の優しさを思わせるため、女性的で優しい姿をしています。相良三十三観音がいつ頃成立したのか定かではありませんが、江戸時代中期に庶民の間で観音信仰が広まったとされています。「相良三十三観音めぐり」は人吉球磨にある57の日本遺産構成文化財のひとつです。

■相良三十三観音めぐりについて

相良三十三観音めぐり」は、春と秋の彼岸に、全ての観音堂が一斉に開帳されます。

(令和2年)春:3月20日※コロナウイルス感染症によりご接待は自粛 

秋:9月19日~25日

昔、近所の観音様にお祈りしていたら和尚さんが教えてくれました。「観音様の語源知っとる??あなたの“心の音”を観てくれる、声なき声を聞いてくれる、だから“観音”さまというとよ」西に浄土があるそうで、真西に太陽が沈んでいく日は浄土へ続く道が見えるそう。そうお彼岸は、1年のうちもっとも浄土に近づく日。その日だけ人吉球磨の観音様は一斉開帳される。

祈りは御仏の前で心をさらけ出せる儀式。さらけ出しても観音様がきっと心は拾ってくださる。

さあ観音様に心の音を観てもらおう、人吉・球磨 相良三十三観音めぐりへ。

■ご参拝のマナー

観音堂は、観音様が鎮座されます聖域ですので、参拝される方は静かに、お参りをしましょう。また、お帰りの時は来られた時よりも美しくを心がけましょう。観音堂は、通年開帳されている所と、特別な日だけ御開帳される所があります。扉が絞められている時は無理にこじ開けないようにしましょう。

■参拝の手順

お堂にお手洗(手水)がある場合は、手を洗い、口をすすぎ、身を清めましょう。次に、お堂の正面に進み出て、賽銭箱のある場合は、お賽銭を入れ、鰐口がある場合、これを軽く鳴らし、合掌してお祈りをします。春と秋の一斉開帳期間で、お茶、おむすび等の接待がある場合は、心付けをするのが良いでしょう。地元の人々とのなごやかな交流が芽生えると思います。

※令和2年3月20日(春の御開帳)はコロナウイルス感染症によりご接待自粛

■体験者は語る!!!

人吉温泉観光協会に所属し丸二年。現職に就く前は「相良三十三観音めぐり」を知らず、人吉球磨にはお堂や神社が多いな~、、くらいの感覚で日々生活をしておりました(;^ω^)しかし昨年、事務所の先輩方から「相良三十三観音めぐり」の話を聞き、お客様に紹介する為には自ら体験しなくては!という思いで秋の一斉開帳に参加しました。父を道連れに、観光案内所へ走り宝印帳をゲット!案内所スタッフさんに、効率の良いまわり方を教えてもらい、いざ出発!!※この日はご開帳最終日。台風直撃の日でした(笑)

限られた時間の中でいかに効率よく、楽しみながら巡るかがカギとなるこの巡礼!一件目、ドキドキしながら見よう見まねで参拝しているとご接待をされていた年配の方が、丁寧に参拝方法を教えてくださいました。心のこもったおもてなし(接待)、丁寧な説明(場所によりますが)に加え宝印帳にバッチリ印鑑を押して満足度も100%!すっかりハマった父と私。(最初乗り気でなかった父が一番喜んでいました(笑))この日1日で巡った観音様は八カ所。歴史を感じる観音様は、一体、一体端正に作られており、お顔も違います。じっくり参拝すると気持ちがスーッと軽くなり、体が浄化されていく感じでした。※観音様ごとにストーリーがありますので、ぜひそちらもご覧くださいね。

言葉で伝えるより、実際に感じて頂きたい!人と人とのつながりを感じる、ちょっと疲れていた方にはもってこいの癒し巡礼となっています。皆様もぜひ一度ご体験ください!!

役立ったものはこれ↓↓

★案内所スタッフさんからの丁寧なご案内★相良三十三観音めぐり案内図★相良三十三観音御宝印帳(有料)・Googleナビ・歩きやすい靴・自家用車(もちろん交通手段は何でもOK)

【お問合せ】

人吉市観光案内所(JR人吉駅構内)TEL(0966)22-2411

★マークは人吉観光案内所でサービスを受けることができます。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です