熊本県教育委員会主催の「くまがわ文化財講座」が、11月3日から3回にわたって人吉球磨で開かれます。神と仏の里「球磨」を楽習する~が副題で、「豪雨災害から3年がたち暮らしの復興が進む中で、被災前の姿を姿を取り戻した文化財にも改めて目を向けてほしい」との思いから開講します。研究者、有識者らが人吉球磨の文化財の魅力を語ります。詳しくは、チラシをご覧ください。★くまがわ文化財講座チラシ完成版

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA