人吉鉄道ミュージアム臨時休館のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、臨時休館としておりますが、14日(土)以降の運営につきましても延長して休館いたします。 ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。 【延長休館期間】 令和2年3月14日(土)~令和2年3月31日(火) ※令和2年4月1日(水)は定例休館となります。 また、再開日につきましては、改めてお知らせいたします。   企画政策部…

3月20日春の一斉開帳!『相良三十三観音めぐり』の魅力と参拝マナー

こんにちは、事務局豊永です!今回は、お彼岸に開帳される『相良三十三観音めぐり』の魅力と参拝マナーについてご紹介していきます♪三十三観音めぐりをされたことがない方、そうでない方も必見です! ■人吉球磨の相良三十三観音【歴史と魅力】※相良三十三観音御宝印帳より抜粋 人吉・球磨地域には至る所に小さなお堂が残っています。中には、大きなお堂もありますが、ほとんどが一坪から二坪前後のこじんまりとしたささやかな阿弥陀堂、薬師堂、観音堂などの小堂です。※明治八年(1875)の調査では541箇所。道の脇や田んぼの中、あるいは林の中にひっそりと建っているのが特徴的。狭い人吉・球磨盆地にこれほど多くの仏が祀られ、周辺の住民によって大切に守られていることは、全国的にも例を見ない濃密な仏の里なのです。 寺院が一般庶民の信仰の場となる以前の、中世来の仏教信仰の形を今に伝えている姿と見ることができます。 また、この観音菩薩は救いを求める人々の願いに変幻自在に姿を変えて現れ、現世利益をもたらすと信じられた慈悲の仏で、母親の優しさを思わせるため、女性的で優しい姿をしています。相良三十三観音がいつ頃成立したのか定かではありませんが、江戸時代中期に庶民の間で観音信仰が広まったとされています。「相良三十三観音めぐり」は人吉球磨にある57の日本遺産構成文化財のひとつです。 ■相良三十三観音めぐりについて 相良三十三観音めぐり」は、春と秋の彼岸に、全ての観音堂が一斉に開帳されます。 (令和2年)春:3月20日※コロナウイルス感染症によりご接待は自粛  秋:9月19日~25日 昔、近所の観音様にお祈りしていたら和尚さんが教えてくれました。「観音様の語源知っとる??あなたの“心の音”を観てくれる、声なき声を聞いてくれる、だから“観音”さまというとよ」西に浄土があるそうで、真西に太陽が沈んでいく日は浄土へ続く道が見えるそう。そうお彼岸は、1年のうちもっとも浄土に近づく日。その日だけ人吉球磨の観音様は一斉開帳される。 祈りは御仏の前で心をさらけ出せる儀式。さらけ出しても観音様がきっと心は拾ってくださる。 さあ観音様に心の音を観てもらおう、人吉・球磨…
,

新型コロナウイルス感染症の発症に伴う予防対策の徹底のお願い及び主催行事の取扱いについて

熊本県物産振興課長より、日常的な予防である咳エチケットや手洗いの周知徹底及び主催行事への適切な対応について通知がありました。 (以下転送) 新型コロナウイルス…

年末年始のお知らせ

年末年始のお知らせ   拝啓 師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。   さて、一般社団法人…

★イベント情報★「2020春節FESTIVAL」IN人吉球磨 開催のご案内!

心もせわしい年の瀬ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? この度、熊本県人吉球磨地域で初! 「春節フェスティバルin人吉球磨」の開催が決定いたしました!! 【…
,

2019年度版 日本遺産~人吉球磨~観光カレンダー写真コンテスト募集

毎年、恒例になりました「人吉球磨観光カレンダー」 今年も日本遺産に認定された相良700年の文化財群の写真を募集いたします。 皆様からの応募をお待ちしています。 写真コンテストの詳細はこちらをご覧ください。 ◎2019版…